女性

乾燥しがちな冬をアイクリームで乗り越えよう

利用者が増加しています

まつげ

まつげに対してアプローチできる美容液が人気を集めています。継続して使用をすることで、徐々にまつげが太くなったり、長くなったりといった変化を感じることができます。まずは自身にあう美容液を探す事をおすすめします。

View Detail

いつまでも若々しい顔

美容クリーム

目の周りの皮膚は他の部位に比べて薄くなっている上、皮脂の分泌が少なくなっています。皮脂が少ないので乾燥しやすく、さらにアイシャドウやアイラインなどのメイクやそれらのクレンジングなどで常に刺激を受けている部位でもあります。なので、乾燥しがちな人は目元の保湿にも気を使わなければなりません。他の部位よりも敏感で酷使している目元の保湿は普段の保湿よりも高品質なものを丁寧に行うべきです。そのために、目元専用の保湿液であるアイクリームを使います。アイクリームは乾燥だけでなく、しわやたるみの解消やハリを出す効果もあります。目元は年齢が出やすい部位なので、アイクリームをうまく使って、いつまでも若々しくあることが出来ます。

普段と同じように化粧水を使い続いて美容液や乳液をつけた後に、アイクリームを塗るようにします。水っぽいのを先につけ、オイルっぽいものを後につけるようにします。アイクリームを目元に塗るときは、必ず力を入れずに優しく伸ばします。力を入れるとそれが負担となり、逆にしわを増やす原因になるからです。アイクリームは乾燥を防ぐためのものなので、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンを多く含んでいるものを選びます。また、ペプチドはたるみやしわの解消に効果があります。また、目元にハリを出すためにはビタミンAが効果的ですが、化粧品に含まれるのはビタミンAの中でも安定しているパルミチン酸レチノールや酢酸レチノールと呼ばれているものです。目元の皮膚は敏感なので、合う合わないが出やすい部位です。サンプルなどで自分の肌に合うか確認することが大切です。

しっとりとした肌を目指す

化粧品

乾燥肌の人はアルコールや香料や着色料のような刺激を与える成分に注意が必要です。化粧水選びでは、軽度の乾燥肌ならヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンが有効です。これらは比較的安価であり、保水力を高めたりハリや弾力を維持するのに役立ちます。酷い乾燥肌なら水分を蓄えてバリア機能を高めるセラミドが有効です。

View Detail

正しいケアで元気な肌に

女性

過度なスキンケアは肌に負担をかけますので最小限に留めるべきです。赤みのあるニキビ跡のケアでは潤いを一定レベルに維持する必要があります。効果の高いセラミドは値段が高めであり、手頃なヒアルロン酸やコラーゲンも優れた成分です。

View Detail