婦人

乾燥しがちな冬をアイクリームで乗り越えよう

正しいケアで元気な肌に

女性

過度なケアは厳禁

ニキビ跡に赤みが残るとメイクをしても隠しきれないことが多いので、日々のお手入れにもつい力が入ります。赤みを消してくれると言われている化粧品も色々ありますので、様々な成分を試してみる人も多いようです。ケアをする事自体に問題はありませんが、過度なお手入れを行うと肌に大きな負担をかけてしまい、ニキビ跡の改善を妨げるケースもあります。例えば、皮膚に刺激を与えることでメラニン色素が発生して色素沈着が引き起こされますが、負担を減らすことで軽減されます。お手入れはたくさん行えば良いというものではありません。必要最小限のケアに留めて、なるべく肌を休ませることも大切です。自然な肌の代謝によってもニキビ跡は改善されますので、ゆったりとした気持ちで臨むことも重要です。

効果的な化粧品とは

ニキビ跡の赤みを消したい時には、肌の潤いを一定レベルに維持して肌細胞を元気にすることが大切です。そのためには、肌中で足りなくなった成分を補わなければなりません。保湿成分の中ではセラミドが非常に効果が高いのですが、お値段の方も高めです。比較的手頃なのはヒアルロン酸やコラーゲンであり、リーゾナブルな価格帯の化粧品にもよく含まれています。これらも優れた保湿成分であり、日々しっかりと使用することで効果は高まります。赤みや茶色い色素沈着には、ビタミンC誘導体もよく効きます。肌中で生成されたメラニン色素を排出させる働きがあり、新たなメラニン色素の生成も抑えます。赤みタイプのニキビ跡には抗炎症作用も嬉しい効果です。